最近高齢者が住み慣れた一軒家を売却し、立地のよいマンションを購入する傾向が目立っています。
住み心地のよいマンション
住み心地のよいマンション

高齢者に人気のマンション

最近マンションが特に人気になっています。団塊の世代が60代後半から70代になっており、今まで住んでいた一軒家などが非常に不便で危険な住まいになっているのです。高齢になると二階部分の上り下りが辛くなることや、車いすの生活で今までの家では段差が多くて危険であり、非常に使い勝手のわるい住まいになっているのです。また歳をとると一日中居間にいることが多く、ほとんど他の部屋を使うことがありません。そのため広く部屋数の多い家は必要ないのです。かえって掃除やメンテナンス、庭の手入れが大変で苦痛を与える住まいになっているのです。

そのためこうした高齢者が今まで住んだ一軒家を売却し、利便性が高いマンションに移り住むことが多くなりマンション人気が非常に高まっているのです。とくに駅から近く、病院や商店、スーパー、コンビニエンスストアが近くにある立地のマンションが人気が高くなっているのです。こうした立地のマンションンであると車を持つ必要もなく、その車の維持費分を浮かせることが可能になります。年金暮らしになるとこうしたコスト削減は非常に有難いものとなるのです。また最近のマンションでは犬や猫などのペットも飼うことができ癒しを与えてもらうことができるのです。

Copyright 2017 住み心地のよいマンション All Rights Reserved.