マンションを購入する時には、購入するマンションの地域、建物、広さなどのポイントを確認することが必要です。
住み心地のよいマンション
住み心地のよいマンション

マンション購入とその環境

マンションを購入する時には、いろいろなポイントがあります。まず、部屋の広さです。リビングルームの広さでかなりの広さであっても実際にその広さがすべて利用できる訳ではないのです。部屋が広くても柱が部屋の中にどれだけあるかで、利用できるスペースが決まるのです。部屋の柱が多いと利用できないスペースが増えていくのです。そのため、部屋を内覧するときには部屋の柱の本数を確認するのが必要です。

マンションの上層階の景色を販売のポイントにしているケースがありますが、本当にその景色が見えるかは、実際に住んでみないとわかりません。また、マンションができた時期に周囲にビルが建つかも知れません。不動産会社は将来に対してマンションからの景色を保障はしてくれません。そのため、マンションを購入する時には周囲の開発環境を確認するといいでしょう。また、周囲の環境は昼、夜、1週間を調べてみるといろんなことがわかるでしょう。

建物としてのマンションは1フロアの高さはほとんど同じなのですが、高層マンションにおいて、1フロアの高さが低いマンションは注意が必要です。高さが低いと上のフロアと下のフロアに音、振動が伝わる可能性が高いのです。ですので、他のマンションと比較して、同じ高さでマンションフロア数が多いマンションはちょっと注意が必要です。

Copyright 2017 住み心地のよいマンション All Rights Reserved.